大腸癌が転移したら|現代の医療技術をあなどるなかれ

担当医と相談しよう

病院

最新の治療法で生き延びる人はたくさんいるので、末期がんになってしまっても諦めてはいけません。内科や外科の医師と連携を取ることが大切です。もちろん、患者の意思を尊重した治療を行います。免疫療法が最近は人気です。

この記事を読む

耳のトラブルが起きたら

耳

メニエール病とは耳の中の一部にリンパ液が溜まることで、めまいや耳鳴りなどを引き起こす疾患です。耳鼻科でメニエール病の診断を行うことができ、治療も可能です。投薬や点滴などで症状を抑えつつ、原因となるストレスなどを取り除くことでも改善が見られます。

この記事を読む

癌の進行と対処法

看護師

他の臓器に広がる可能性

大腸癌は、癌ができる場所によって転移しやすい可能性が高くなります。基本的に大腸癌の進行はゆっくりとされており、初期の場合であれば治療で治りやすいとも言われています。しかし、上行結腸や横行結腸などに大腸癌ができてしまうと転移しやすくなるため、全てが比較的治りやすいというわけでもありません。大腸癌が転移しやすい臓器には、肝臓が挙げられます。肝臓は大腸と隣り合わせのところにあるため、静脈血が通るところですから転移しやすい部分です。次に、肺へ転移してしまう場合もあります。肝臓に転移した後に起こりやすく、肺から脳や骨の順に進行してしまうことも珍しくありません。そして、大腸癌が進行してくると腸管を突き抜けてしまし、腹膜へ広がってしまう可能性もあります。癌の広がり方によって治療方法が異なってくるため、これ以上悪化させたないためにも早急な対処が必要です。

部分別に応じた治療

大腸癌が肝臓へ転移した場合、基本的に手術にて切除していきます。手術の方法は電磁波を使って照射させていきますが、癌がたくさんある場合は抗がん剤の治療が行われます。これで癌を小さくさせていき、それから手術を行っていくことも可能です。肺への転移に関しては、胸腔鏡手術で行っていく方法が定番となっています。肉体的な負担が抑えられるほか、術後の回復も早いので適した治療法です。腹膜への転移が起きたときは、麻痺やふらつきなどの症状が目立ってくることがあります。脳や骨へ転移した場合に見られる症状で、手術をして癌を取り除いていかなければいけません。脳の場合は、その部分に適した放射線治療が行われる場合も多いです。このようにしてその部分に適切な対処法で治療が行われ、それ以上の悪化を防いでいく方法が取られます。状態をひどくさせないためにも、気になる症状を放置せずに検査を受けるようにすれば発見が遅れる可能性も少なくなります。

転移したがんの対処法

女医

転移がんは、完治しても起きることがあるので最初に受けたがん治療から定期健診を欠かさないことが大事になります。外科手術でがん細胞を体から完全に取り除くことで完治させることが可能なので、転移がんも極力外科手術を行います。

この記事を読む